中国インターネット発展状況報告

中国WEBマーケティングのパルです。

 

少し前になりますが、中国のインターネットを管理している

CNNIC(中国互联网络信息中心)から

中国インターネット発展状況報告が発表されていました。

 

そのレポートの中でまず注目する点は、インターネット人口ではないでしょうか?

ネット人口

2015年12月時点ですでに6.8億人を超えています。

これでようやく50%超えの普及率ということですから、

改めて人口規模の大きさ、発展の可能性を感じさせられます。

 

 

同じレポートの中で、各省のインターネット人口の規模と普及率も載せられていました。

top5

                               (トップ5を切り取ってあります。)

普及率ではやはり北京、上海が堂々のNo.1、No.2です。

ただネット人口そのものをみると・・・広東省がずば抜けていますね。

みなさまでしたらどこにポイントを定められるでしょうか?

 

 

中国WEBマーケティングのパルでは、日々移り変わる現地のニーズを

敏感に感じ取れるよう、日本人コンサルタントを中国国内に駐在させ、

その変化をウェブマーケティングに最大限生かしております。

プレスリリースをはじめ、中国版ツイッターと言われる

ウェイボー(weibo)プロモーションも承っております。

どうぞお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL