デジタルコイン(仮想通貨)について その3

中国WEBマーケティングのパルです。

 

今回のトピックも、前回の続きで仮想通貨のお話です。

前回はビットコインの1つの特徴(コインの上限が定められている)を取り上げました。

(前回の投稿はこちらから)

今回は別の特徴を、さらには最近なぜ中国でその需要が急に高まったかに

ついても触れたいと思います。

 

ビットコインの2つ目の特徴は、システムがビットコインをダウンロードしている皆さんにより

維持管理されている点です。それを可能にしているのは、ブロックチェーンと

呼ばれる特殊な技術で、ビットコインの要ともいえるものです。

(ブロックチェーンの詳しい説明はこちらをご覧ください。)

この技術によりネットワーク上において安全を確保できるとされており、

その技術の優位性は、ビットコインに限らず、大手IT企業や銀行、さらには

政府まで導入を検討している、一部はすでに導入している点からも明らかでしょう。

 

ビットコインの3つ目の特徴は、世界中のどこにいても、誰にでも、

アドレスを指定すれば、ビットコインを瞬時に送ることができる点です。

しかも、送金手数料がほとんどかからないという魅力があります。

小額であろうと、大金であろうと同じです。

ここに1つの大きな需要が生まれます。上記2番目の特徴とともに、一国の

制限を受けませんから、理論上どこにでも、どれだけでも送金する

ことが可能です。

あなたなら、ご自分の資産をどのように守りますか?

他の国にどのように持ち込むでしょうか?ここに中国における需要も

大きく関係しています。これ以上は言及しませんが、やはり経済大国で

あるには違いありませんね。

 

デジタルコインについて、特にビットコインについて数回お話しましたが、

いろいろなところにいろいろな機会があるものです。

ビットコイン以外にもさまざまなデジタルコインが世の中にはあります。

中国WEBマーケティングのパルでは、WeChat(微信)やWeibo(微博)を

活用したプロモーションをはじめ、さまざまなツールを活用し、

中国進出をITの力でサポートいたします。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL