あのYahoo!と百度が提携!

中国WEBマーケティングのパルです。

 

人口世界一の中国でネット検索シェア約7割と独走状態の百度(バイドゥ)。

Yahoo! JAPAN がその百度と日本総代理店契約を結びました(2016年11月30日プレスリリース)。

あのヤフーがいったい何をするのでしょうか!?

それは「百度リスティング広告」と「百度アドネットワーク広告」の日本国内における販売です。

 

簡単に言うと、ヤフーが中国のネットに広告を出す一つの窓口になったということです。

 

今までは百度日本法人が百度広告の入り口になっていましたが、現在百度日本法人のホームページで

上記2種類の広告に関する新規お問い合わせをしようとすると、Yahoo! JAPANサイトにリンクするようになっています。

こうして代理店の機能をすることでヤフーは百度への広告費から手数料を受け取ることになるわけです。

 

「リスティング広告」というのは検索連動型広告と言われ、調べたいキーワードで検索した時に

一番上に表示されて目に飛び込んでくる広告ページのことです。ついついクリックしてしまいますよね。

それで「百度リスティング」ではwww.baidu.comの検索結果画面に広告を載せることができます。

繰り返しますが、中国でインターネット検索といえば百度なんです。

 

「百度アドネットワーク広告」はその百度とつながっている数十万という膨大な専門サイトに

バナーやテキスト広告を掲載するサービスのことです。

 

中国人の「爆買い」が縮小しているなどと耳にするかもしれませんが、日本の人気と需要はまだまだ高い状態です。

このヤフーとの提携で日本企業にどんな風が吹くのでしょうか。

 

因みにパルの代理店は中国にあり、中国の百度と直接やり取りしますので、

「百度リスティング」を行う際には百度日本法人やYahoo!を通して頂く必要がございません。

日本人スタッフが丁寧に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL