中国ではネット検閲の影響で何が見られないの?

中国のネット検閲とは

中華人民共和国で実施されているインターネットに対する検閲のことで、香港やマカオには適用されません。政府はサイトやチャットを使った反汚職、反不正に関する意見などを抑圧しようとしているわけです。

中国ではYouTubeが見られない!などと聞いたことのある方は多いと思いますが、本当なのでしょうか?本当です。検索してみれば一目瞭然、見事に開けません(VPNを使えば可能ですが…)。

ところで、どんな内容がネット検閲に引っかかるのでしょうか。

おおよその規制条件

・中国共産党から迫害を受けている団体のウェブサイト

・警察官の残虐な行為、天安門事件、言論の自由、民主化、マルクス主義に関連するニュースソース

・台湾関連の政府、メディア、組織関連のウェブサイトもしくは宗教的サイト

・チベット独立運動関連のウェブサイト

・わいせつ、ポルノ、反道徳的なウェブサイト

要するに中国の法律や思想に反する情報やそう見なされるものですね。

注意が必要なサイト内容(百度リスティング掲載条件より)

・医薬関連:医薬品販売などの証明書が必要となる場合があります。
・医療行為関連:医師資格証の提示が必要となる場合があります。
・化粧品関連:化粧品製造・販売許可書などの提示が必要となる場合があります。

中国側の判断によるため絶対的な基準はありませんが、これらの内容に該当しなければ安全であると思われます。
上記のどれに当たるのか明確なことは分かりませんが、現実として規制されている有名ネットサービスは以下の通りです。

規制されているサービス具体例

・Google:Gmail,Googleマップ,YouTube
・Facebook
・Twitter
・LINE
・ポケモンGO
・ニコニコ動画
・Instagram
・Flickr
・Shutterstock
・Dropbox
・ロイター
・ウォール・ストリート・ジャーナル
・ニューヨーク・タイムズ
・FC2
・アメーバ
・エキサイトブログ

何が中国で使えるのか

中国に住んでみると分かりますが、この他にも日本で当たり前のように閲覧していたページが見られなかったり極端に遅かったりします。「じゃあ一体何が使えるんだ!」と叫んでしまいそうですが、そこは世界最大の人口を抱える国、代わりになるようなサービスがたくさんあります。
ほんの一例としてチャットを考えると、日本では真っ先にLINEの名前が挙がりますが、中国では微信(ウェイシン/WeChat)でしょう。LINEのユーザー数が約2億人(海外含む)に対し、WeChatは7億人を超えています。日本語版でもインストールできますし、個人的には使い心地もいいと思いますね。

「郷に入っては郷に従え」。中国語の習得が一番の近道!でしょうか。「そんなこといきなり言われても」とお困りの中国ネット進出準備中の方は
お気軽にパルにご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL