百度リスティング広告の無意味なクリックを回避する10の方法

百度リスティング広告において、無意味なクリック、悪意のあるクリックを少なくする方法です。

参照:http://www.sohu.com/a/192535291_99936596

1. 時間と地域を指定する

例えば多くのサイトで、内蒙古のユーザーが顧客になることは少ないようです。地域を指定することで それらの地域からのクリックを回避できます。

また、基本的に中国人は問い合わせをライブチャットか電話で行います。つまり、応対ができない時間にサイトを上位に表示させてクリックを誘導しましてもあまり意味がないです。

 

2. キーワードを絞り込む

百度代理店はとりあえず多くのキーワードを設定させたがります。より多くクリックされた方が百度とても広告費が多く入ります。当然の理論ながらキーワードを多くすればするほど悪意のあるクリックにさらされる危険は高くなります。

 

3. IP遮断

悪意のあるクリックを発見した場合は速やかに該当IPをブラックリストに入れましょう。

 

4. クリック、一日上限額制限機能を使用

日本のリスティング広告でも行っておられると思いますが、一日の制限額を設けます。

 

5. キャッチコピーを工夫する

例えば、「日本大阪房地产」というタイトル、説明文で出しますと、これだけで、関心のない顧客のクリックを避けることができます。

 

6. キーワード分析

2と若干かぶりますが、リスティングを開始した後、キーワードに関して随時分析し、

効果の低いものは削除していきます。

 

7. マッチング方式を考える

百度リスティングには4種類のマッチング方式があります。その設定によってどんなキーワードで表示されるかが変わり、クリックされる度合いも変わります。

 

8. 表示される順位を考察

検索上位1-3位までがクリック率が高いのはだれもが認めることでしょう。ライバル企業が低めの価格設定をしているキーワードや順位を下げる時間台頭を考察し、自社サイトのクリックされる度合いを考慮します。

 

9. 訴える

上記の方法を行っても荒らし行為がやまない場合は、百度に訴えます。そうすると、荒らされた分の金額を保障してくれる場合があります。

 

10. 网盟推广と主题推广

百度リスティングを開始すると、設定で网盟推广と主题推广を行うかどうかを決定できます。何も知らずに始めるクライアントがいますが、これが無意味なクリックのもととなっている場合があります。

 

以上ざっくりとではありますが、

百度リスティングの無意味なクリックをなるべく少なくする方法でした。

 

百度リスティング広告をお求めのお客様は

どうぞお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL