中国DSP広告の現状

ヤフー検索で「中国DSP」と打ち込むと、4位にはhttp://www.iresearch.com.cn。

中国語サイトが出てきます。

実際、2015年の報告ですが非常に役立ちます。

http://wreport.iresearch.cn/uploadfiles/reports/636021839819131450.pdf

 

さて実情ですが、最近は中国大手企業が手を付け始めたDSP広告

百度、腾讯が参入しています。

 

・百度云

https://cloud.baidu.com/solution/marketing/precision_marketing.html?track=cp:nsem|pf:pc|pp:jingzhun|pu:dsp|ci:|kw:106117

 

・腾讯社交广告

http://e.qq.com/ads/400?from=02_TONGYONGdsp_28

 

DSPを中国語で言うと「需求方平台」ですが、

2017年の時点で中国には約80ほどのプラットフォームがあるようです。

上記の大手企業が参入していますので、今後多くのプラットフォームが淘汰されることでしょう。

2016年のデータですが、

中国国内DSP企業ランキングです。

引用:http://www.askci.com/news/paihang/20170221/11172991177.shtml

 

どこも使用に関してメリットデメリットがあるようでして、

甲乙つけがたい状況です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL