詐欺師と百度リスティング広告に関して

百度リスティング広告に関するニュースですが、

2017年10月7日付のニュースです。

引用:http://news.jstv.com/a/20171007/1507376705385.shtml

 

南京での詐欺事件ですが、百度リスティング広告を利用した詐欺事件です。

このニュース報道の中で語られていた内容は、

どのように中国人の気を引くかに役立つと思います。

 

動画の内容を追っていきますが、

百度リスティング広告を開始するには

中国の法人営業許可証、(营业执照)が必要です。

 

逆の言い方をすれば、これさえもっていればどんな人でも百度のアカウントも問題なく取得可能です。

 

だまされた中国人たちの観点を警察の女性が述べていますが、

1. 百度リスティング広告を出していたゆえに、詐欺サイトの検索順位が高かった。

2. 検索順位が高いから信用できる会社だとユーザーは思い込む。

 

詐欺グループは商品説明を他の実在の企業に比べ

遜色ないものに作り上げていたようです。

つまり、かなりリアルだったようです。

 

価格に関してですが、安すぎると多くの人は偽物か粗悪なものと思うので、

平均価格よりも7%引きくらいで販売していたようです。

実在マーケットより微妙に安いくらいの価格設定。

 

最後に警察の女性は、

チェックをしっかりとなさずに、

お金を出せば内容が伴わない企業でも検索上位に出すことに関して、

社会的責任を果たすべきであるというコメントを述べておられます。

 

日本でもリスティング使用の詐欺事件は起こっているので、

どのプラットフォームにかかわらず、

ユーザー側がも注意しなくてはいけないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL